Q&A

  • 小さな工事でも頼めますか?
    リフォームの大小に関わらず畳替え、網戸張替一枚からでも大丈夫です。どんな小さな仕事でもかまいません。
  • 新築とリフォームは、どちらがいいですか?
    その建物に決まった構造を気にせず、自分流で設計できるのが新築の魅力。その分、一からの始まりになりますので、どうしてもお金がかかってしまいます。
    リフォームの良さは、部分的に改装したり、思い出の素材を残してそれを再利用することもできます。
    古いので立て替えるのではなく、その部分をリストアし、再利用することによって、費用の削減につながります。また、建物の構造が出来上がっている分、リフォームは費用的に安くなりますが、地盤の沈みや建物の老朽化があまりにもひどいと費用も新築と同様にかかえるケースもありますので、お気をつけください。
  • 入居していてもリフォ−ムはできますか?
    入居していてもリフォ−ムはできます。小さな工事であれば、何も問題ありません。ただ全面改装、キッチン入替やユニットバス入替になると数日間使用が出来なくなったりするケースがございますので綿密な打ち合わせ等を考慮しておく可能性があります。
  • リフォーム期間中に外出する事もできますか?
    基本的にリフォーム工事は、入居者様がご在宅の上で進めさせて頂く事が前提となりますが、お出かけになる事も全然問題ありません。 その現場の管理者が責任を持って管理いたします。
  • 中古物件を購入する前からのアドバイスはしてもらえますか?
    もちろんお客様のご相談も承っております。各物件に対し、お客様のイメージ通りのリフォームが出来るかどうか、概算の費用の問題など様々なアドバイスをさせていただきます。
  • 契約後やリフォーム中にプラン変更や設備の変更はできますか?
    材料、設備、商品の発注前でしたら大丈夫です。お客様に悔いが残らないよう、出来るだけ頑張ります。 変更や交換したい場合、なるべく早く現場の人間や当社にお申し付けください。
  • 商品のメーカーは、どのメーカーでも可能ですか?
    基本的にどのメーカーでも大丈夫です。逆に遣いやすい、見た目がシンプル、美しい、一番売れている、一番安いなどのご希望でも、それに合った商品をご提案させていただきます。
  • 他社見積書と比較するにはどのようにしたら良いですか?
    数社から見積もりを取り、比較する場合は、トータルの総費用で高い、安いを決めるのではなく、まず工事内容を確認することが大切です。正直、リフォーム業界の用語で言われても「これはいったい何なのか」など分からない事が多く、信頼できる業者ではないと不満の残る結果になってしまいます。 一番良いのは、一番最初に見積もりを作成した内容で金額のみを他社に記入してもらうのが良いでしょう。 そうすれば同じ内容ですから施工の間違いはありません。合見積もりを取ったが工事内容がイマイチ分からず、最終的には金額で業者を決めてしまい、工事完了後、「こんなはずでは・・・」という後悔や追加工事を色々言われ、「予算をオーバーしてしまった・・・」などのトラブルを防ぐことができます。
  • ○○パック○○円でも、結局はその金額では収まらないのでは?
    そういう会社も多々あります。そこを入り口にして、「ここも悪い」「あそこも悪い」と言って、どんどん施工範囲を広げていく業者もいます。もっと性質が悪い業者は、悪くもない所を「この状態は危険だ」「危ない」などと言い、交換させる悪徳業者もいます。プランやパックはあくまでも目安にしかすぎません。リフォームを成功させるのは、いかに良心的なリフォーム会社を選ぶのかがポイントとなります。 当社は元々、賃貸マンション、戸建や事務所店舗を中心に大手不動産の元、市内全般、幅広く工事を行って参りました。「賃貸オーナー様にいかに安くご提案できるか?」これがいつも我が社の課題でした。 ですから、商品や材料の原価割には自信があります。正直、リフォームは高いイメージがあります。 けれど本当は思っているほどそんなに高くはありません。リフォームを実行する前に一度ご相談ください。必ず期待にお応えいたします。お約束いたします。
ページトップ
リフォーム見積もり